FXの知識 介護福祉士で1型糖尿病のレビューとつぶやき帳-洋楽-
FC2ブログ
2011年06月03日(Fri)

LADY GAGA

カテゴリー:洋楽記事編集

ネットで買えば安いっていうのに、しかも発売日は逃しているからすでにプレゼントの応募券が役立たずだというのに、どうしてもすぐに聞きたくて、近所のCDショップで購入してしまいましたよ、CD3枚。


ボーン・ディス・ウェイ (初回完全限定盤スペシャル・プライス盤)ボーン・ディス・ウェイ (初回完全限定盤スペシャル・プライス盤)
(2011/05/23)
レディー・ガガ

商品詳細を見る


ザ・モンスター -デラックス・エディション-(DVD付)ザ・モンスター -デラックス・エディション-(DVD付)
(2010/04/14)
レディー・ガガ、ビヨンセ 他

商品詳細を見る
FameFame
(2008/10/28)
Lady Gaga

商品詳細を見る


まずは携帯をアンドロイドにしようと思った頃。
「ああ、CMのおネエちゃん、変な名前の子ってば、今ものすごい勢いで人気があるらしいね」程度の興味を持ったものの、流れる曲をきちんと聞いたわけでもなく。

洋物ポップスを聞いていた時代は80年代で止まっているんですよね、あたしのチェック。
なんだかんだで何でも聞くし、日本のものはむしろポップなもののほうが聞いているような気もするのだけれども。
洋楽ポップス、と聞いてすぐに思い浮かぶのって、ペット・ショップ・ボーイズ、デュラン・デュラン、シンディ・ローパー、マドンナ、ってあたりです。レディ・ガガが生まれる前から芸能人みたいな人々しか、すぐには浮かんでこないような具合。

てなわけで実は、あれだけ大人気のブリトニー・スピアーズもビヨンセもきちんと聞いたことがないような体たらくで、レディ・ガガのこともそのように聞かぬまま過ごすつもり、だったんですけれどもね。

マドンナの二番煎じというイメージも強かったし、マドンナは若い頃、上手い歌手というのとはちょっと違った気もするし。
今はどんな具合の曲を歌っていらっしゃるか知りませんが、当時は、歌はシンディのほうが上手でしょ、というのがマドンナのイメージ。
ちょっと甘ったるい声ででも強そうな女で、とにかくセクシー、という具合の人なんだろうという印象。

そうは言いつつ、マドンナのPV集ビデオ、うちにあります。
もうちゃんとテレビにつながなけりゃ、ビデオデッキなんてとりあえず取っておいてあるだけなのに。

話を戻して。
3.11後すぐに募金のために活動した海外アーティストとして目にした時も、「ああ、あの子か」という程度の興味でした。
ありがたい人だなと思ったし、最近出てきた子で日本のCMもアンドロイド携帯ぐらいしか出ていないんじゃないのかなて感じなのに、長年日本になんども来ている人たちよりも素早いのもすごいな、とか思ったり。

その後女優さんがトーク番組にて、酔っ払ったときに「レディー・ガガになりたい」と言ったと聞いた時にも、その女優さん、鈴木砂羽さんだったんですが、あたしの1学年上という近い年齢の方も興味をもつ以上の具合に憧れられるのが、レディー・ガガなのかしらという興味を持ちはしたんですが、ここでもまだ、チェックせず。

が。
一昨日辺りに2ちゃんのまとめサイトで奇抜なファッションの彼女の画像を貼るスレかなんかを見て興味を持ち、PC前にいたついでに動画サイトで彼女の歌う姿を、ここでやっと、観る気持ち満載で見たのでした。

思っていたよりもずっと歌がうまい!
PVではなく、いくつか動画サイトで見たピアノ弾き語りで歌う彼女は、まったくポップアイドルって感じではありません。かなり上手な歌手。

いえね、シンガーソングライターのポップアイドル、というとなんか、80年代の頃のティファニーとかデビー・ギブソンとかニューキッズ・オン・ザ・ブロックとか(いえ、別に彼らや彼女たちがうまくないとかいうんではなく。当時、ここに上げた二人と一組の曲を、買ったり借りたりして持ってもいましたし。一番最後のグループはシンガーソングライターではないか)の用な感じなんだろうと、思っていたんです。
でもガガはポップアイドル寄りではないんだな、と。

なんというか持っていたイメージというのが、若い頃のマドンナに、シンディ・ローパーがかつて、『Time After Time』のPVでやったような奇抜さを受け入れてくれぬ人々への思いみたいなものを混ぜあわせ、さらにグランジからコートニーラブの、ポップとはいえん奇抜要素も取り合わせてみました、という感じの二十代女性、というような。
でもとにかくアイドルなんです、というイメージ。

もっとキラキラキャラキャラとした感じを思い浮かべていたので、余計にビックリしたのかな。

パンチの効いた声とでもいうんでしょうか。
『ムーランルージュ』のサントラで、ポップアイドルなのかなと思う方々が『レディマーマレード』を歌うのを聴いた時にも、上手い子がいるなぁと思って、でも未だどの子かはよく分からん黒人の歌手の誰かに、ちょっと似た声かもな、と思いました。
ついでに顔は、なんとなく昔のコートニーに似ていなくもないような。

歌もわりと好きそうだし、彼女の奇抜さには惹かれざるを得まい、という気分になったので、CD買ってまいりました!
なんつーかね、ああいう衣装って楽しいでしょ。靴もすごいし。なんで肉を着たのか知らないけど、それにものすごい髪型も全部、なんだかとっても素敵。
これはもう、動画サイトでいいなと思った以上の感触を得られるかどうかわからんでも、CDは買わざるを得まいというんで。

でね、まだそんなに聴きこんじゃいないんですけれども、どれも心地良く聞けるんではないかという印象。

洋楽ポップス好きの人は、何を今更、と思われるんでしょうが、なんか聞いてて得した気分がしたんで、お勧めします。
あたしみたいに、「あの人気あるネエちゃんでしょ?」程度の関心しか持っていなかったり、「人気あるネエちゃん」ってだけなんじゃないのと思ってた方なんかは、動画サイトあたりで彼女のパフォーマンスをご覧になってはいかがでしょうか、というわけで。
スポンサーサイト



スレッドテーマ:洋楽 ジャンル:音楽
 
│posted at 00:45:13│ コメント 2件トラックバック 0件
2010年07月08日(Thu)

いまポチったとこだから聞いてはないけれども

カテゴリー:洋楽記事編集

さっきなんとなぁく、お久しぶりにのぞいてみましょうかと、KoЯn Japan.comさんへ行ったらば、ニューアルバムが7/7日発売だったので、大急ぎでアマへ行って参りました。

そろそろ出てもいいんじゃないかなとか思っていたところだったので、ホント、今知って良かったです。
あと2日ほど早く知ってれば発売日に聞けたのにね。


KORN III~リメンバー・フー・ユー・アー・スペシャル・エディションKORN III~リメンバー・フー・ユー・アー・スペシャル・エディション
(2010/07/07)
コーン

商品詳細を見る


KoЯn Japan.comさんでつべの映像で新曲見ました!
アマの評価はそんなにスゲーって感じでなかったので、一体?と思ってましたが、やっぱ格好良いです。
でもさ、これってそんなに初期の頃っぽい?
スレッドテーマ:HR/HM ジャンル:音楽
 
│posted at 02:36:13│ コメント 0件トラックバック 0件
2009年11月21日(Sat)

POP ART/PET SHOP BOYS

カテゴリー:洋楽記事編集

ポップアートポップアート
(2009/03/11)
ペット・ショップ・ボーイズ

商品詳細を見る
ポップアート [DVD]ポップアート [DVD]
(2007/11/14)
ペット・ショップ・ボーイズ

商品詳細を見る


CDとDVDを購入したので。
発売自体はすでに何年も前で、実はレンタルでDVDは見ているんです。
DVDには本人たちのコメンタリティ付き。

中学時代から好きで、その頃はまあ、ポップスやポップロックも聞いていたのではありましたが、その手をあまり聞かなくなってからもずっと好きで、普段聞いている洋楽の趣味を知る友人には不思議がられたりもしたんですが、なにがどうだとは言えないものの、妙な吸引力があるといいましょうか。

ダンス音楽的なものって、ドラムやベース音の強調された具合が好きで時折聞くことはありはするものの、だいたいすぐ飽きるんですよね。
後ろに流しておくのに邪魔ではない、というところからさらに、流しているとイライラする、というような単調さがある、といいましょうか。

その点、PET SHOP BOYSは飽きがこない。
最初に興味を持ったのは多分、『ベストヒットUSA』で見た『オールウェイズ・オン・マイ・マインド』のPVだったかな。最初は単純に、クリスの顔が好きだったんだよね。あとから『オポチュニティズ』(「僕は頭がいい、君はルックスがいい、二人でひと儲けしよう」という内容の曲)を知った時には、クリスの顔に釣られただけにウケたものでした。いや、若いころのニールはいかにも英国のインテリって感じで、長いコートとか似合ってます。

同じ頃、まだ洋楽を聴きだしたばかりで、最初のきっかけだったBON JOVIからガンズ・アンド・ローゼズとかモトリークルーとかを聞き出してもいた頃で、そこからさらにポップ代表のようなPSBも聞くことに抵抗を覚える年齢でもあったのだけれども(誰も気にしやしないんだけれども、中二病ってやつですな)、それでも妙に吸引力のあるPSB。
というわけで、金を持つようになってからは着々とCD買いました。
いや、最初に買ったのは中学校時代にテープでだったな。収入がおこずかいとお年玉しかない時代に買ったのだから、本当に吸引力があったのですよ。

その後、ガンズのアクセルが、実はPSBの曲の一部は好きだ発言をしたこともあって、中二病の枷が外れたってのもあるかもね、素直にアルバムを集めたのは。
新生ガンズは未だチェックしていないのにPSBはチェックするという。
新生ガンズ、いっそアクセル・ローズと○○バンド、みたいにすりゃいいじゃないのさ、という気になってしまうのはあたしだけ?

それはともかく。
でね、最初に買ったアルバムが(テープ。時代を感じるわね)『Actually』だったのだけれど、これの『Rent』という曲のシニカルさが中学生ながらにしみじみするところがあって、あの曲もその後彼らを聞くきっかけになってるな。
だってね、「あなたのことを愛している、あなたは家賃を払ってくれるから」って、スゲーな、大人ってwww
そんなことは大人になってもあたしの身には起こっていないけれどもなwwwww

この頃はアルバムを買うなんて行為は、なかなか出来るものではない程度にしか金を持っていなかったので、テープが擦り切れるほど聞いたものですよ。

レンタルで『POP ART』のDVDを借りた頃には、ちょうどなにかほかにお金のかかることがあったんだと思うけれど、だから買わずに過ごしたのだけれども、某所でPV見てたら、買わずにいられでか、みたいな気分に。
スレッドテーマ:音楽 ジャンル:音楽
 
│posted at 02:47:17│ コメント 0件トラックバック 0件
2009年10月06日(Tue)

最近のお買いもの3:Geteway to Annihilation/Morbid Angel

カテゴリー:洋楽記事編集

今日はね、本屋へしか行かないつもりでいたのに、CDショップには寄るわ、新品だけれど安く売る期間限定で出ていたCDとDVDの店にも行くわで、結構な散財。

しかし!

まあね、素直にアマで探せばすぐに見つかったのだとは思うのだけれども、今をさかのぼること数年前、まだ「ミュージック・ライフ」が発刊されていた頃、今、切り抜きを引っ張り出してきたら、なんと1995年の11月号だから相当大昔から気になってはいたのに買わなかった、ということになるのだけれども、ともかくその号にあった「ヘヴィ・メタル・シーンの極北~デス・メタル進化論」という記事にあったのを読んで以来、ショップに行ったら気にはしていたMorbid Angelのアルバムを、新品を安価で売る期間限定ショップ(多分、つぶれたお店なんかの商品が流れたものなのでしょうけれど)で見つけ、買わねばこのあとまた後悔してしまうぞ、というので購入。

デス・メタルの帝王と書いてありましたが、なるほど格好良い!
このアルバムの解説に、ドラムにこだわったと書いてありましたが、確かにスゲーなという勢い。
デスというかヘヴィメタ、みたいな部分もあるのが、解説にあった「コアなファン以外は受け入れ難いことはないだろう」というような、メロディアスでもあるんですよ、という部分なのだろうな。
なんにしろデスメを聞いていたのは相当昔なのでちょっと忘れたけれども、この手の音楽が好きな人には良い一枚だなと思いました。




Gateways to AnnihilationGateways to Annihilation
(2000/10/17)
Morbid Angel

商品詳細を見る
スレッドテーマ:洋楽 ジャンル:音楽
 
│posted at 19:56:54│ コメント 0件トラックバック 0件
■ソーシャルブックマーカー


Powered by SEO対策eCruiserに追加

■ブロとも申請フォーム
■ブロとも一覧

■Category

■☆

powered by  PRチェッカー Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー

■初音ミク


■RSS

介護福祉士で1型糖尿病のレビューとつぶやき帳のRSSフィード
このブログを登録 by BlogPeople My Profile by iddy

■プロフ

別段、面白くもなくてすみません

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
244位
アクセスランキングを見る>>